根性で禁煙するなら治療薬を

最も手軽な禁煙方法は根性だけで臨むことです。禁煙の為には吸わなければ良いだけですので、ずっと我慢をし続ければ止めることができます。実際に我慢だけで禁煙に成功ができたケースもあり、タバコを止めようと考える方の殆どが一度はトライするはずです。しかしながら成功ができた割合は決して多くありません。大半は根性だけの禁煙に失敗していますので、再度喫煙をしてしまう可能性の方が高いのです。
禁煙に成功する為には根性で臨むのもひとつの選択肢ですが、もっと成功率を高める為にも治療薬を使ってみるのも良いかもしれません。治療薬を利用した場合は60%程度の方が禁煙ができたとされていますので、根性だけで臨むよりも成功できる可能性があります。
治療薬としては飲み薬があるのですが、飲むだけで効き目があるのが利点です。使用方法に特にコツなどはありませんので誰でも簡単に使用することができます。
飲む治療薬の効果としては離脱症状の抑制や軽減です。離脱症状が発生するのはドパミンという快楽を感じさせたり覚醒させる物質が出難くなるからですが、薬を飲むことでドパミンが放出されます。それによって離脱症状が起こり難くなったり、症状が出ても軽いものになりますので、禁煙時の辛さを軽減する為に有効とされているのです。
また、治療薬にはタバコへの依存度を下げる為の役割もあります。これはニコチンが受容体と結合するのを阻害する働きがあるからなのですが、両者を結合させないことによってタバコの美味しさを感じることはできなくなります。その為、タバコへの欲求や関心を低下させる為にも有効であり、無理なく禁煙をすることができます。
成功率の高い治療薬ということもあり一度試してみる価値があると言えるでしょう。

ページの先頭へ戻る