つらい吐き気が不要な禁煙方法もある

欧米を中心とする先進諸国に端を発した禁煙運動は、世界を席巻してきました。タバコの持つ極めて高い有毒性は広く知られるところとなり、タバコを吸う人だけでなく、その煙によって吸わない人たちが関節喫煙の被害に遭わないよう、阻止しようという運動まで起こっています。この嫌煙の動きは世界の潮流となり、その賛同者の数はもはや地球規模にまで達する勢いです。これを受け、世界各地で空港やエアライン、鉄道といった公共の乗り物や建物などでは全面禁煙のところは増加の一途をたどっています。
禁煙の大きな流れは、私たちを取り巻く働く場にも影響をもたらすようになり、受動喫煙を拒否するという本来当たり前の権利が認められるようになってきました。タバコには主流煙をはるかにしのぐ、副流煙の有害性が認知されるようになったためです。タバコを吸う愛煙家にとっては日に日に肩身の狭い環境のようですが、彼らも実は禁煙を望んでいる場合が多々あります。その多くが、少なくとも1度は禁煙にチャレンジしているのですが、ニコチンという依存性の高い成分による中毒症状に打ち勝つことは容易ではありません。
意思の力でニコチンを断とうとすると禁断症状が現われ、つらい吐き気に見舞われることがあります。ニコチンの依存性は、麻薬と変わらないほどだとされており、ここで断念して喫煙者に戻ってしまう人が多いのです。もちろんつらい吐き気があっても、そこを乗り越えられれば禁煙は成功するのですが、冷静な判断ができなくなるのも仕方ありません。ですが、中毒症状は精神力ではなく、禁煙治療などで効率よく、簡単に治す時代です。修行僧のように、つらい吐き気と闘いながらの精神修養よりも、はるかにストレスフリーで確実な方法も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ戻る