禁煙すると太る?

よく禁煙をすると太ると言われていますが、それには理由があるのです。
太る理由としてはまず食事が美味しく感じられるようになるからです。タバコにはタールが含まれていますが、タールは粘性がありますので舌を覆ってしまうと言われています。そして舌には味蕾と呼ばれる味を感じる細胞がありますが、タールによって覆われてしまうことで味に鈍感になってしまうのです。また、タバコに含まれるニコチンも味蕾を麻痺させると言われていますので、お互いの作用によって味覚が変化します。しかし禁煙をしてそれらの障害が取り除かれることによって本来の食事の味を楽しむことができますし、食欲が増して太ってしまうことがあるのです。
消化器官が活発に動くようになるのも太ってしまう理由です。タバコには食欲を減退させる作用があると言われていますが、禁煙をするとその作用がなくなりますので、喫煙をしていた時以上に栄養を吸収するようになります。その為、同じ食事量だったとしても太ってしまうことがあると言われています。
ストレスによって食べ過ぎになってしまうのも太ってしまうひとつの理由です。禁煙をするとイライラを感じ易くなりますが、それによって間食が増えるようなことが少なくありません。これは食べることがストレスのはけ口になるからですが、それゆえに間食が多くなり太ってしまうことも多いのです。
禁煙をしたことで太るケースは珍しくありませんが、体型や健康が気になるようならしっかりと自制することが大事です。また、適度な運動を行うなりして太らないように対策をするのも有効と言えます。体を動かせばニコチンも抜け易くなり禁煙の促進ができますので、ジョギングなどを取り入れてみると良いでしょう。

ページの先頭へ戻る